戻る 整腸・軟便 腹部膨満感
(おなかのハリ)
下痢・食あたり 便秘 感染性胃腸炎
(食中毒)

腸を整えたい・
軟便が気になるあなたに

どういう状態が軟便?

どういう状態が軟便?

水分量が多い便のことを言います。通常の普通便の水分量は70~80%、軟便では水分量が80~90%になります。下痢の場合は、水分が多すぎるため形はありませんが、軟便は形があります。しかし、通常の便に比べると、水分が多く、ドロっとした感じで、そのため排便時のキレが悪く、すっきりとしない感覚になります。

どうして軟便になるの?

  • 腸の働きが
    異常な状態になった時

    何らかの原因で、腸の運動が過剰になった場合、腸の内容物が急速に通過するため水分の吸収が十分に行われず、水分量の多い便、つまり軟便になります。また、腸からの水分分泌が増えると、腸の中の水分が異常に多くなり軟便になります。

  • 腸内環境(フローラ)の
    変化

    軟便が続く場合、腸内環境が乱れていることも考えられます。生活習慣の乱れ等によって、悪玉菌が増える等、腸内環境が乱れると、水分を多く含んだ便が排泄されやすくなります。

    腸内フローラとは

軟便の対処法

  • point1

    生活の改善
    食べ過ぎ飲み過ぎに注意しましょう。腸管の異常な運動を起こさないために、暴飲暴食をしない、刺激のある食物は避ける、消化の良い物を食べる、など。また、コーヒーなどのカフェインを含むもの、冷たいものやアルコールは避け、なるべく常温のものを摂取するよう心掛けましょう。
  • point2

    お腹を冷やさない
    お腹が冷えると、腸の運動が高まります。冷えによる軟便が続く場合は、お腹を温めることが効果的です。
  • point3

    ストレスをためない
    脳と大腸は密接な関係があります。
    脳がストレスを感じることで軟便を引き起こしている可能性があります。

腸内環境を整える(整腸)

生活習慣を整えるのはもちろんですが、それとは別に、乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌を多く取り入れることも大切です。善玉菌は、悪玉菌の増殖を抑えて、腸内環境を整える働きがあります。
この善玉菌はヨーグルトなどの乳製品、納豆など発酵食品などから摂取することも可能であり、これらの食物をバランスよく摂取して腸内環境を整えましょう。また乳酸菌などの生菌製剤は、腸内で乳酸菌を増やし、有害な菌の増殖を抑えます。つまり乱れた腸内環境のバランスを整え、便通を整える整腸作用があります。
腸内環境を整えることは、軟便の改善策という観点でも非常に重要です。

腸内環境とは
腸は健康を左右するほど重要な臓器です。食生活の変化や、生活環境の変化など、腸はさまざまなストレスの影響を受けています。
ヒトの腸にすむ腸内細菌の数は数百種600兆個以上で、その中には良い影響を与える善玉菌もいれば、悪い影響を与える悪玉菌もいます。
それらのバランスを腸内環境と呼びます。
健康な腸内では乳酸菌のような善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えています。こうした善玉菌優勢の状態がいい腸内環境です。逆に悪玉菌が増えて腸内環境が乱れると、下痢や便秘を起こすことになります。善玉菌と悪玉菌のバランスはストレスや、加齢などでも変化します。
そのため、乳酸菌を摂り、善玉菌の優勢な腸内環境を保つことが大切です。

監修:大澤医院 総合内科専門医 医学博士 大澤さおり

乳酸菌とおなかのことTOPに戻る

整腸に関する製品

関連コンテンツ

その他の「乳酸菌とおなかのこと」を見る