戻る 大切な
腸内フローラのお話。
おなかがスッキリしない
あなたへ。
まだまだ元気!
と思っているあなた。
おなかのハリが気になる
あなたへ。
家族のおなかが
気になるママヘ。

おなかが
スッキリしない
あなたへ。

便秘の悩みに、
新ビオフェルミンS。新ビオフェルミンS

「便秘」は、悪玉菌が
増える原因のひとつ。

お通じが悪く、便が長く腸内にとどまっていると、便の腐敗が進み悪玉菌が増えやすい環境になります。

悪玉菌が増えると、腸の「ぜん動運動」を活発にする働きを持つ善玉菌が減るため、さらに便秘がひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

また、便が腸にとどまる時間が長くなるほど、悪玉菌のつくる腐敗物質の量も増えるため、便やガスのにおいもきつくなるのです。

「便秘」は、悪玉菌が増える原因のひとつ。

「便秘」の悪循環、
乳酸菌で改善しましょう。

腸の「ぜん動運動」は、腸が伸びたり縮んだりを繰り返すことで便を前に前に進めるという、大切な働きです。
乳酸菌がつくる乳酸や酢酸は、腸に刺激を与えることで「ぜん動運動」を活発にし、便秘を改善します。

また、乳酸菌は悪玉菌が増えるのを抑えることで、悪玉菌がつくる腐敗物質の量も減らしてくれます。
「ぜん動運動」を活発にしてくれる乳酸菌を摂って、毎朝スッキリしたいですね。

腸内フローラを整えることが大切です。

私たちのおなか(腸)の中には、数百種600兆個以上もの細菌がすんでいます。
顕微鏡で見てみると、たくさんの細菌たちが種類ごとにグループをつくっている姿が、お花畑のように見えることから、腸内フローラとよばれるようになりました。
腸内フローラにすむ細菌のバランスは、私たちの健康に大きく関わっています。

大切な腸内フローラのお話。へ

もっとくわしく乳酸菌TOPに戻る