戻る 大切な
腸内フローラのお話。
おなかがスッキリしない
あなたへ。
まだまだ元気!
と思っているあなた。
おなかのハリが気になる
あなたへ。
家族のおなかが
気になるママヘ。

おなかのハリが
気になる
あなたへ。

おなかのハリに、
新ビオフェルミンS。新ビオフェルミンS

張って重い・苦しい、
「腹部膨満感」。

おなかが張る・重い、圧迫感がある― そんな症状が、『腹部膨満感』。
それは<腸にガスがたまっている>せいかもしれません。

原因は、便秘でガスがたまり腸が膨張している、悪玉菌がつくるガスが多すぎる…など。
おならが出すぎるのも困りものですね。

張って重い・苦しい、「腹部膨満感」。

腸のガスだまり、
乳酸菌で改善しましょう。

発生するガスを減らすためには、まず、ガスをつくる悪玉菌が増えるのを防ぐこと。
つまり、「善玉菌優勢の腸」に整えてあげることが大切なんです。

また、乳酸菌がつくる乳酸や酢酸は、腸の動きを活発にし、ガスの排出を助けてくれます。
食事のバランスやストレス解消など、ふだんの生活を見直してみるとともに、乳酸菌を摂るようにしましょう。

腸内フローラを整えることが大切です。

私たちのおなか(腸)の中には、数百種600兆個以上もの細菌がすんでいます。
顕微鏡で見てみると、たくさんの細菌たちが種類ごとにグループをつくっている姿が、お花畑のように見えることから、腸内フローラとよばれるようになりました。
腸内フローラにすむ細菌のバランスは、私たちの健康に大きく関わっています。

大切な腸内フローラのお話。へ

もっとくわしく乳酸菌TOPに戻る