戻る 整腸・軟便 腹部膨満感
(おなかのハリ)
下痢・食あたり 便秘 感染性胃腸炎
(食中毒)

お腹のハリが
気になるあなたへ

知ってる?腹部膨満感

どういう状態が腹部膨満感?

「お腹が張って苦しい!」腹部膨満感は、食べ過ぎ飲み過ぎで胃が膨らんだり、空気をたくさんのみ込んだり、腸管にガス等がたまったりして起こるものです。

お腹がはるのは、どういう時?

腸内細菌が産生したガス

腸内フローラのバランスが乱れて悪玉菌が増えてくると、異常発酵によりガスが発生します。
根菜やイモ類、豆類などの食物繊維を多く含む食べ物や発酵食品を多くとると、ガスが発生しやすくなります。

お腹からガスを排出する機能の低下によるもの

ストレスや胃腸炎などで胃腸の運動機能が低下すると、腸内に溜まったガスが排泄されずに腹部膨満感が起こります。
また便秘が続くと、溜まったガスが排出されずに腸内にとどまり腸が膨張し、お腹がはります。

呑気症(どんきしょう)

普段、食事をしたり、しゃべったりするときにも多少、空気をのみ込みます。
一口の分量が多い、早食い、よく噛んでいない(口を開けて噛む)場合、特にのみ込む空気が多くなり、ガスがたまっておならやゲップが出やすくなります。

腹部膨満感とは

腹部膨満感とは

腹部膨満感の対処法

  • point1

    食生活の改善
    ガスの発生を促す原因となりやすい、根菜やイモ類、豆類などの繊維の多い食事は控え、バランスのよい食事を摂るように心がけましょう。
  • point2

    ストレス解消
    ストレスによる胃腸運動の低下を防ぐため、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。
  • point3

    便秘にならない日常生活改善
    便秘が続くと、溜まったガスが排出されずに、膨満感を引き起こします。便秘にならないよう、日常生活の改善を心がけてください。 便秘に悩むあなたへ
  • point4

    薬による改善
    整腸薬は腸内フローラのバランスを改善することにより、ガスを発生させる悪玉菌の増殖を抑えます。その結果、ガスの発生量が減少。
    また、乳酸菌やビフィズス菌がつくる乳酸や酢酸が腸を刺激することにより、腸管運動が活性化され、ガスの排出を促します。

おなかのハリが続くときは、一度、医院・病院で診察を。

監修:大澤医院 総合内科専門医 医学博士 大澤さおり

乳酸菌とおなかのことTOPに戻る

腹部膨満感に関する製品

関連コンテンツ

その他の「乳酸菌とおなかのこと」を見る