戻る もっとくわしく乳酸菌 乳酸菌とは 腸内環境 善玉菌と悪玉菌 乳酸菌の可能性

もっとくわしく乳酸菌
善玉菌と悪玉菌

■主な善玉菌
  • ビフィズス菌ビフィズス菌
  • フェーカリス菌フェーカリス菌
  • アシドフィルス菌アシドフィルス菌
■主な悪玉菌
  • ウェルシュ菌ウェルシュ菌

私たちの体に有益な善玉菌の代表といえば、乳酸菌。ビフィズス菌やアシドフィルス菌などいろんな種類があり、悪玉菌の増殖・定着を防いで感染を予防したり、有害な物質を体外へ排出する手助けをしています。

一方、体に害を与える悪玉菌はウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など。腐敗物質の産生や老化と深く関わっているといわれているのです。

これら善玉菌と悪玉菌は、常に、腸の中で戦っています。

善玉菌優勢の状態にするために、乳酸菌を補給してあげましょう。

主な善玉菌

  • ビフィズス菌
    ビフィズス菌主に大腸にすみつき、乳酸や酢酸をつくって腸内環境のバランスを整えます。また、腸管を適度に刺激して腸管運動を促進するはたらきがあります。
  • フェーカリス菌
    フェーカリス菌腸内での増殖が速い乳酸菌で、ビフィズス菌やアシドフィルス菌の増殖をサポートします。
    主に小腸にすみつきます。
  • アシドフィルス菌
    アシドフィルス菌乳酸菌のなかでも特に乳酸をつくる能力にすぐれ、悪玉菌の増殖を抑えるはたらきがあります。
    主に小腸にすみつきます。

主な悪玉菌

  • ウェルシュ菌
    ウェルシュ菌悪玉菌の代表。
    腸内のタンパク質などを腐敗させ、有害物質をつくります。老化や腸内の腐敗、発がん性物質との関係があるといわれています。

もっとくわしく乳酸菌TOPに戻る

関連コンテンツ