戻る もっとくわしく乳酸菌 乳酸菌とは 腸内環境 善玉菌と悪玉菌 乳酸菌の可能性

もっとくわしく乳酸菌
腸内環境

腸内環境

人の腸にすむ腸内細菌の数は数百種600兆個以上。その中には人に良い影響を与える善玉菌もいれば有害な悪玉菌もいて、それらのバランスを「腸内環境」と呼びます。

健康な腸内では、乳酸菌のような善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えています。こうした善玉菌優勢の状態が「いい腸内環境」です。逆に悪玉菌が増えて腸内環境が乱れると、下痢や便秘を起こすことになります。

善玉菌と悪玉菌のバランスはストレスや食事、加齢などでも変化するため、乳酸菌を摂って、善玉菌が優勢な健康な腸内環境に整えることが大切です。

腸内フローラ
顕微鏡で腸の中を覗くと、さまざまな腸内細菌が群生するように繁殖し、花畑や草むらのように見えます。そのことから腸内フローラ〈f lora:草花の群れ(英)〉といわれるようになりました。人によって腸内細菌の種類が異なるので、腸内フローラの見え方も人それぞれです。この腸内フローラの状態は、体調や食生活、ストレスなど、さまざまな要因によって変わります。

腸内環境を乱す要因

  • ストレス
    腸には消化管の機能を調整する複雑な神経系があることが知られています。
    腸と神経は密接な関係にあるため、精神的なストレスによって腸内環境が乱れ、下痢や便秘といった症状を起こしやすくなるのです。
    特に、慢性的な下痢や便秘のうち、過敏性腸症候群はストレスが大きく関係しています。
  • 食事
    もともと日本人は、野菜や穀類中心の食生活で善玉菌にとって良い環境でした。
    ところが、肉類中心の食生活に変わったことから、脂質や動物性たんぱく質を好む悪玉菌が増え、健康な腸内環境を保ちにくくなっています。
  • 抗生物質は、病原菌だけでなく、他の害のない菌まで排除することがあります。
    その結果、腸内の善玉菌が減って腸内環境が乱れることに。
    抗生物質を使う場合には、特に乳酸菌を摂ることが大切です。
  • 加齢

    生まれたばかりの新生児の腸内はビフィズス菌などの乳酸菌がいっぱいで、悪玉菌はごくわずか。成長するにつれて腸の中は変化し、成人では善玉菌と悪玉菌のバランスのとれた腸内環境となっています。
    しかし、60歳を過ぎるとビフィズス菌が減り、ウェルシュ菌などの悪玉菌が急激に増加。中にはビフィズス菌が1%しかないというケースもあります。このように腸内環境の変化は、老化や生活習慣病と関係していると考えられているのです。

    糞便1g当たりの菌数の対数

もっとくわしく乳酸菌TOPに戻る

関連コンテンツ