戻る ビオフェルミン止瀉薬 製品情報 効能・成分 おくすりQ&A

ビオフェルミン止瀉薬
おくすりQ&A

どのような下痢に対して効果があるのですか?

日常よく起こる下痢に効果的です。

飲みすぎ、食べすぎ、寝冷え、などの単純性下痢にすぐれた効果があります。しかし、発熱を伴う下痢、粘液便、血便などの場合は食中毒や感染症が疑われるので、むやみに止めることは好ましくありません。このようなときは医療機関を受診することをおすすめします。

「ビオフェルミン下痢止め」と何が違うのですか?

日常よく起こる下痢には「ビオフェルミン止瀉薬」をおすすめします。

「ビオフェルミン止瀉薬」は、小児から高齢者までのみやすい細粒(粉末)の製剤で、日常よく起こる飲みすぎ、食べすぎ、消化不良などによる下痢によく効く成分を配合しております。「ビオフェルミン下痢止め」は、苦味やにおいの少ない、のみやすい錠剤で、ロートエキスとシャクヤクエキスを配合することで、さらに腹痛に対する効果をたかめております。

併用してはいけない薬はありますか?

胃腸鎮痛鎮痙薬、ロートエキスを含有する他の胃腸薬、乗り物酔い薬との併用はさけてください。

本剤成分中にロートエキスが配合されていますので、類似の作用を持つ薬剤の併用はさけてください。

新ビオフェルミンSと併用できますか?

併用できます。

新ビオフェルミンSは3種乳酸菌を配合した整腸薬であり、併用しても特に問題ありません。
また、腸内フローラの乱れにより、下痢がおこる場合もあることから、本剤の服用をやめた後も整腸薬を服用し、日頃からおなかの調子を整えておくことが大切です。

妊娠中に服用してもよいですか?

医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

妊娠中は薬に対して慎重であることが大切です。妊娠している、または妊娠していると思われるときは、医療機関にご相談ください。

授乳中に服用してもよいですか?

服用しないか、服用する場合は授乳をさけてください。

「ビオフェルミン止瀉薬」には、ロートエキスを配合しております。このロートエキスは体内に吸収され、母乳に移行して乳児の脈が速くなったり、母乳が出にくくなるなどのおそれがあります。

毎日服用してもよいですか?

下痢の症状が出たときに服用して下さい。

「ビオフェルミン止瀉薬」は下痢を止める薬です。日頃のおなかの調子を整えるときには、整腸効果のすぐれた「新ビオフェルミンS」をおすすめします。

吐き気がする場合や食中毒が疑われるときに服用してもよいですか?

服用はさけてください。

このような場合、薬で下痢を止めるとかえって症状を悪化させる可能性がありますので、医療機関を受診することをおすすめします。

口の渇きが生じることがありますがなぜですか?

ロートエキスの薬理作用として、唾液等の分泌抑制作用があるため、まれに口の渇きを自覚することがあります。
このような症状の継続または増強が見られた場合は、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談下さい。

高齢者が服用する際、なぜ医師などに相談が必要なのですか?

一般に、年齢を重ねるとともに、薬物の代謝機能が低下し、副作用が起こりやすくなることがあるためです。

なぜ、乳酸菌を配合したのですか?

下痢のときに乱れる腸内フローラのバランスを整えるために配合しています。

下痢を起こしているときの腸内フローラは乳酸菌などの善玉菌が減少して乱れていることが多いので、その乱れを速やかに立て直し、正常な腸内フローラへ戻す働きを期待して配合しています。

ビオフェルミン止瀉薬TOPに戻る

関連コンテンツ

その他の製品紹介