ダブル発酵のチカラ!
ポテトサラダ

ブラックオリーブの黒とトマトの赤が鮮やかなポテトサラダは、マヨネーズを使わずに仕上げたヘルシーレシピです。みりんの優しい甘みに、味噌とヨーグルトのコクが加わり、まろやかな味わいに仕上げています。

「洋」の発酵食品であるヨーグルトの動物性乳酸菌と、「和」の発酵食品である味噌のこうじ菌は腸内フローラに良い影響があります。トマトのビタミンやリコピン、新玉ねぎの食物繊維も含まれていて、腸活はもちろん、お肌にも優しいレシピです。

「#ビタ腸活」とは

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、ビタミン類を同時に摂取することで、善玉菌がビタミンを増やし、ビタミンが善玉菌を増やす良い相乗効果が生まれます。

材料 (2-3人分)

じゃがいも
3個
新玉ねぎ
1/4個
ミニトマト
4個
ブラックオリーブ
8個
みりん
大さじ2
ヨーグルト
大さじ3
味噌
大さじ1
適量

作り方

01
ジャガイモは蒸して皮をむきます。
02
フォークでジャガイモをつぶし、熱いうちにみりんをしみこませます。
03
新玉ねぎ、ミニトマト、ブラックオリーブはスライスします。
04
ヨーグルトと味噌をよく混ぜ、2のジャガイモ、3の野菜とよく和え塩で味を調えて出来上がり。

ジャガイモは、櫛を指して芯まで柔らかくなっているか確認し、熱いうちに皮をむきましょう。冷えると皮がはがれにくくなります。
味噌は、直接ジャガイモと混ぜてしまうと、塊で残ってしまうことがあるので必ずヨーグルトとよく混ぜてから和えましょう。

監修
美養フードクリエイター
岩田 麻奈未さん

大学卒業後、4年間の会社勤務を経てManami’s Kichen開校
2003年パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学ぶ Diploma取得
2008年本草薬膳学院にて薬膳を学び中医薬膳師の資格を取得
美と健康と食の関係に注目し、体内時計や味覚といった身体の仕組みにそった自然な食生活、美味しく食べて心も身体もキレイになる食スタイルを提案する
著書に『ヤセ菌が増えて太らない食べ方』(自由国民社)、ベジフル発酵ジュースとレシピ(日東書院)がある

多数のメディア出演実績もあり

その他の「#ビタ腸活レシピ」を見る

関連コンテンツ