新ビオフェルミンS 新ビオフェルミンSの歴史

新ビオフェルミンSが
生まれるまで

ビオフェルミン製薬が乳酸菌の研究を始めた頃、日本ではまだ乳酸菌はよく知られていませんでした。
しかし、その確かな効果を人々のために役立てたいと研究を進め、「乳酸菌のくすり」を広めてきたのです。
そして、乳酸菌への期待がますます大きくなっている今。
新しい可能性を求めてより一層研究・開発に力を注ぎ、赤ちゃんからお年寄りまで、
みんなの健康を助ける「乳酸菌のくすり」を追究しつづけます。
乳酸菌とこれからも。

1917
(大正6年)

神戸市中央区北長狭通5丁目に資本金10万円で
株式会社神戸衛生実験所として設立し、乳酸菌整腸剤「ビオフェルミン」を製造。
販売を株式会社武田長兵衛商店(現在の武田薬品工業株式会社)に委託。

1919
1919年(大正8年)神戸市長田区へ移転された社屋
1919年神戸市長田区へ移転された社屋
1920
1920年(大正9年)頃の広告
1920年頃の広告
1933
1933年(昭和8年)頃の広告
1933年頃の広告
昭和初期のパッケージ
昭和初期のパッケージ
1949
(昭和24年)

商号をビオフェルミン製薬株式会社に変更。

1954
1954年(昭和29年)頃の広告
1954年頃の広告
1966
(昭和41年)

従来の「ビオフェルミン」をリニューアルして「新ビオフェルミン」を新発売。

1966年(昭和41年)頃の広告
1966年頃の広告
1987
(昭和62年)

従来の「新ビオフェルミン」に替えて、3種の乳酸菌(フェーカリス菌・アシドフィルス菌・ビフィズス菌)配合の「新ビオフェルミンS錠・細粒」を新発売。

1990年代(平成〜)の広告
1990年代の広告
2005
(平成17年)

「新ビオフェルミンS錠・細粒」が医薬品販売の規制緩和により、医薬部外品へ移行。

2009
(平成21年)

「新ビオフェルミンS錠・細粒」の表示が薬事法改正により、指定医薬部外品となる。

2019年(平成21年)の広告
2009年の広告
2017
(平成29年)

2月12日に創立100周年を迎える。

2019
(令和元年)

従来の「新ビオフェルミンS」に、ビフィズス菌の1種であるロンガム菌を追加配合した「新ビオフェルミンSプラス錠・細粒」を新発売。

2019年(令和3年)の広告
2019年の広告
2021
(令和3年)

「新ビオフェルミン S」新イメージキャラクターに、俳優の岡田将生さんを起用。

2019年(令和3年)の広告
2021年の広告
2022
(令和4年)
2022年(令和4年)頃の広告
2022年の広告

商品のご購入

商品はオンラインショップでもご購入できます。

amazonで購入する
楽天で購入する
製品情報TOPへ
製品情報
企業情報
購入する
PAGE TOP
MENU