戻る 新ビオフェルミンS 製品情報 知っていますか?
新ビオフェルミンSのこと
こんなとき・こんな方に おくすりQ&A CM・広告 歴史

指定医薬部外品新ビオフェルミンS錠

小腸も大腸も整える乳酸菌が、
家族のおなかに効く。

  • 整腸
  • 軟便
  • 便秘
  • おなかのハリ

家族のおなかのトラブルに

便秘にも軟便にも効くその理由は

役割のちがう3種類の乳酸菌が
小腸から大腸まで広く整えるから

フェーカリス菌

129 BIO 3B

フェーカリス菌

Streptococcus faecalis

主に小腸にすみつきます。特に腸内で速やかに増殖し、腸内フローラを整えます。また、ビフィズス菌やアシドフィルス菌など他の有益菌の増殖をサポートします。

アシドフィルス菌

KS-13

アシドフィルス菌

Lactobacillus acidophilus

主に小腸にすみつきます。乳酸菌の中でも特に乳酸を多くつくる能力にすぐれ、有害物質をつくる悪玉菌の増殖を抑えます。

ビフィズス菌

G9-1

ビフィズス菌

Bifidobacterium bifidum

主に大腸にすみつきます。数あるビフィズス菌の中でも定着性にすぐれた菌種。乳酸と酢酸をつくり、有害物質をつくる悪玉菌の増殖を抑えます。G9-1は健康なヒトの腸を研究して見出された菌です。

人にはヒトの乳酸菌。

私たちのおなかを健康な状態に整えてくれる乳酸菌。
生まれてすぐはビフィズス菌などの乳酸菌でいっぱいの腸内フローラも、年齢とともに悪玉菌が増え、バランスが変わっていきます。

腸内フローラを整える手段の1つとして乳酸菌を摂ることが挙げられます。そのときに気をつけたいのが乳酸菌の種類。

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、新ビオフェルミンSは人の腸と相性がいい、ヒト由来の乳酸菌を配合。健康な人の腸内にすむ乳酸菌を研究し製剤化したくすりです。

腸に生きて届くのはもちろん、小腸から大腸まで広く定着して増え、すぐれた整腸効果を発揮します。

製品紹介TOPに戻る