戻る ビオフェルミン酸化マグネシウム便秘薬 製品情報 効能・成分 おくすりQ&A

ビオフェルミン 酸化マグネシウム便秘薬
効能・成分

効能

便秘と、便秘に伴う様々な症状を改善。

お腹が痛くなりにくく、クセになりにくい非刺激性成分配合だから、
自然に近い、やわらかい便を出したい方におすすめです。
はじめての方や、痔があってお尻にやさしいものをお求めの方にも使いやすい便秘薬です。

  • 便秘

便秘に伴う下記症状の緩和

  • 肌あれ
  • 吹出物
  • 頭重
  • のぼせ
  • 食欲不振(食欲減退)
  • 腸内異常醗酵
  • 腹部膨満

各種成分の働き

酸化マグネシウムと乳酸菌配合。乱れた腸内環境を整えることで便秘を改善します。

酸化マグネシウム
便に水分を集め、硬くなった便を適度にやわらかくして、自然に近いお通じを促します。酸化マグネシウム
ラクトミン(乳酸菌)
腸内フローラのバランスを整えて腸を健康な状態へと導きます。ラクトミン(乳酸菌)

効き目の仕組み

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムが便に水分を集め、硬い便を適度にやわらかくすることにより、お通じをスムーズにします。 イメージ図

乳酸菌

ヒトの腸との相性が良い乳酸菌を配合。有機酸を多く産生することにより、乱れた腸内環境を整え、便通を改善します。 イメージ図

ビオフェルミン酸化マグネシウム便秘薬TOPに戻る

関連コンテンツ

その他の製品紹介