ビオフェルミン酸化マグネシウム便秘薬 おくすりQ&A

Q

毎日服用してもいいですか?

A

症状があるときにご利用ください。一週間以上服用しても症状が良くならない場合は、他の原因も考えられますので医療機関へご相談ください。日頃のおなかの調子を整えるときには、「新ビオフェルミンS」のような整腸剤をおすすめします。

Q

新ビオフェルミンSと併用してもよいですか?

A

併用できます。
新ビオフェルミンSは乳酸菌・ビフィズス菌を3種類配合した整腸剤であり、併用しても特に問題ありません。
また、便秘の時には腸内フローラが乱れることもあるため、便秘薬の服用をやめた後も便が硬い・軟らかい場合は整腸剤を服用し、おなかの調子を整えることが大切です。

Q

妊娠中・授乳中に服用してもよいですか?

A

<妊娠中>
妊娠中は大切な時期ですので、服用については医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
<授乳中>
通常は体内にほとんど吸収されないので乳児への影響はほとんどないと考えられますが、赤ちゃんに軟便や下痢など普段と違った様子がないかよく観察しながら服用(使用)してください。

Q

乳酸菌を配合したのはなぜですか?

A

便秘の時は腸内環境が乱れていることが多いためです。乳酸菌の配合は乱れた腸内環境を整え、便秘の改善に有効に働きます。

Q

子どもに飲ませても大丈夫ですか?

A

5歳から服用していただけます。
お子さまが服用する場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
5歳未満のお子さまには新ビオフェルミンS細粒(生後3ヵ月以上)がございます。

Q

お茶や牛乳と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

A

お茶や牛乳ではなく水かぬるま湯で服用して下さい。便秘の改善には水分をとることが有効です。なるべく多くの水を飲むことをおすすめします。

Q

服用しても効果が現れない場合はどのようにすればいいですか?

A

次の日の就寝前(又は空腹時)に、服用量を1錠増やして服用し、様子を見てください。
なお、1週間程度服用しても症状の改善が見られない場合は、他に原因があることも考えられますので服用を中止し、添付文書(製品に同梱している説明書)を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

Q

他の便秘薬と併用してもよいですか?

A

他の便秘薬を併用すると効果が強く出てしまうことや、副作用が起こりやすくなる可能性が考えられますので、避けてください。

Q

腎臓病ですが服用できますか?

A

腎臓病など基礎疾患がある方は、服用前に医師又は薬剤師に相談してください。

Q

病院でもらっている薬と併用できますか?

A

おくすりの種類によっては、他の薬剤の効果に影響を与える事がありますので、服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

Q

牛乳アレルギーでも服用できますか?

A

牛乳タンパク質由来の成分を使用しておりません。

Q

どのように保存したらよいのですか?

A

瓶のふたをしっかり閉めて、直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保存していただくようお願い致します。冷蔵庫での保管は、結露により薬が吸湿してしまいますのでお控えください。

Q

他の容器に入れ替えてよいですか?

A

品質保持の点から、他の容器への移し替えはお控えください。

商品のご購入

商品はオンラインショップでもご購入できます。

amazonで購入する
楽天で購入する
ビオフェルミン酸化マグネシウム便秘薬 TOPへ
製品情報
企業情報
購入する
PAGE TOP
MENU