戻る ビオフェルミンVC 製品情報 効能・成分 おくすりQ&A

善玉菌とビタミンの関係性 善玉菌とビタミンの関係性

善玉菌とは

善玉菌

悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、
腸の運動を促すことによってお腹の調子を整えます。
さらに、体によい影響を与える短鎖脂肪酸やビタミンを作ります。
代表的なのは乳酸菌やビフィズス菌など。

乳酸菌とビフィズス菌とは

乳酸菌とは

乳酸菌

乳酸菌とは、炭水化物などの糖から乳酸をつくる細菌の総称。主に小腸にすみつきます。
腸内の悪玉菌の増殖と腐敗を抑えたり、
腸の運動をサポート(便通をよく)してくれます。
乳酸菌の種類は多種多様です。

ビフィズス菌とは

乳酸菌

ビフィズス菌は主に大腸にすみつき、「乳酸」と「酢酸」も作ります。

「乳酸」と「酢酸」の働き

腸内環境を酸性にし、悪玉菌の増殖を抑えます。

腸の運動を正常にします。

乳酸菌

乳酸菌

乳酸菌とは、炭水化物などの糖から乳酸をつくる細菌の総称。主に小腸にすみつきます。
腸内の悪玉菌の増殖と腐敗を抑えたり、
腸の運動をサポート(便通をよく)してくれます。
乳酸菌の種類は多種多様です。

ビフィズス菌

乳酸菌

ビフィズス菌は主に大腸にすみつき、「乳酸」と「酢酸」も作ります。

「乳酸」と「酢酸」の働き

腸内環境を酸性にし、悪玉菌の増殖を抑えます。

腸の運動を正常にします。

ビタミンとは

他の栄養素の働きをサポートし、健康を維持する働きがあります。
中には善玉菌を増やす働きがあるビタミンもあります。

vC bB₂ vB₆

実は、ビタミンはヒトの体内ではほとんど作れない成分です。

ビタミンを得る2つの方法

食べ物やサプリメントなどから摂取できます。

腸内細菌によって作られます。

ビタミンの種類

水溶性ビタミン

水に溶け、尿などから体の外へ排泄されやすいビタミンです。

ビタミンB₂(リボフラビン)

ビフィズス菌の増殖を促進します。

ナイアシン

ビタミンB群の仲間。皮膚や粘膜の健康を維持します。

ビタミンC(アスコルビン酸)

悪玉菌の増殖を抑制します。

ビタミンB₆

善玉菌の生育を助けます。

脂溶性ビタミン

油脂に溶け、体の中に蓄積されやすいビタミンです。

ビタミンA(レチノール)

皮膚の新陳代謝を促し、乾燥を防ぎます。

など

特定のビタミンは善玉菌の増殖を
助けてくれる、意外な関係性を
持っているんです。

整腸のための、腸活で、なりたい私に。ビオフェルミンVC

※腸内フローラを整える活動