女性の5人に1人が
おなかのハリの経験あり!

なんと、女性の約20%が1年以内におなかのハリが気になったことがあるという調査結果が。
さらにそのうち、およそ60%の人が週に1日以上おなかのハリを感じているのです。

  • おなかが張ると食欲がなくなる。
    せっかくのランチが楽しめない
    (30代 女性)
  • おなかのハリを我慢すると
    おなかが痛くなって困る・・・
    (40代 女性)
  • 会議中なのにおなかが
    ポコポコ鳴ってしまった
    (20代 女性)

原因のひとつに腸の中にたまったガスが考えられます。

主なおなかのハリの原因

  • 食べ物と一緒に空気を過剰に飲み込んでしまう
  • ストレスによる腸の知覚過敏
  • 便秘によるガスの発生
  • 炭酸飲料の飲み過ぎ
  • イモ類、パン、ごはん等でんぷん質が多い食べ物の食べ過ぎ
  • 過度の緊張による胃腸の働きの低下
  • 生理前で、便秘になりやすくガスが発生している
  • 食生活による腸内環境の乱れ

まずは身近な生活習慣や食生活から見直し、改善していくことが大切です。

POINT1

食事はゆっくり

おならの元となる空気の7割は口から入ったものだと言われます。早食いをすると飲み込んでしまう空気の量が増えやすいので、ゆっくりとした食事を心がけましょう。

POINT2

ガスが発生しやすい食品の
過剰摂取を避ける

個人差はありますが、イモ類、豆類、パン、ごはん、バナナ、また乳製品などは腸内でガスが発生しやすい食品です。また、タンパク質、脂質を多く含む肉類も食べ過ぎるとガスの量が増えてしまいます。これらの食品を避け、便通を促す食物繊維の多い野菜類をバランスよく摂るようにしましょう。また、根本的に腸内環境を整えるのであれば食物繊維と合わせて乳酸菌などの善玉菌を摂取するのが効果的です。

POINT3

長時間同じ姿勢をとらない

たまってしまったガスは、排出しないとラクにはなりません。長い時間同じ姿勢でいるとどうしてもガスがたまりやすいので、仕事中は時々おなか周りを伸ばしたりするのがオススメです。

お薬に頼るのもひとつの手!

おなかが張って苦しかったり、おなかのガスの音やおならが誰かに聞こえてしまいそう・・・なんて不安からは解放されたいですよね。おなかのハリは日頃のNG習慣を見直すだけでも少しずつ改善できる症状です。
まずは腸にやさしい・正しい生活を心がけてみてください。それでもなかなか改善しないという時には、お薬の服用もオススメです。

ビオフェルミン
ぽっこり整腸チュアブルについて